飼い犬に服は必要か

飼い犬と服の関係については、賛否両論です。
かわいいということもありますし、健康のために必要と言う場合もあります。
そして、実際に、日本の気候で服が必要な場合もありますし、着せないほうが良い場合もあります。

服に関しては、飼い主の自由ということになりますが、実際ペットショップに行くと可愛い服を見受けることができます。
また、服を来たお陰で、健康被害があった、というようなことがない限り、飼い犬にとってマイナスにならないのであれば、それもありと言ったことでしょう。

日本に住む外国生まれの犬の中には、日本の気候が合わない場合もあります。
寒すぎと言った場合は、服の必要性もありますし、毛が薄い場合、直射日光を避けるために着せる、雨のなかのかっぱの役目など、服そのものがあった方が良い場合もあります。

あくまでも飼い主の判断ですが。
少なくとも飼い犬にとって良い素材のもの、嫌がる場合に無理に着せないなどの工夫をすることが必要でしょう。
本当のことを言えば、服はない方が良い飼い犬が多いのですが、可愛い服を着せたいと言った飼い主の意思などもあります。

一方的に非難はできないことで、可愛い対象になることも多いことですが、必ず飼い犬の様子を確認しながら行うことをお勧めします。
こんなものを着たくないという場合、無理に着せることがストレスがたまることも多いですから、そうなると健康被害の原因の一つとなる場合もあります。
服を嫌がるのは当然と思うことも大切です。



≪Recommend Site≫
犬種による特徴や性格をまとめたハンドブックで飼い犬の気持ちがわかるようになるサイトです ⇒ 犬 気持ち